weird-meddle record / 東京都中央区築地6丁目3-8 / 03-6264-3635

meddle2005-11-27

テニスコーツ/二階堂和美との3日間

特に今回のイベントのタイトルと思って書いてたわけではなかったのだけど、
これからゆっくり書くつもりの日記のタイトルにはちょうどいい。


11/19
高橋幾郎+植野隆司
にかスープ&さやソース
DJ灰野敬二


前の日は、あまりの緊張と嬉しさと不安で全然眠れなかった。朝8時過ぎくらいに寝た。
そんな事で、初日は最終的にそうとう疲れてしまった。とりあえず店に行って、来てくれたお客さんといろいろ話し。その後タクシーに乗り、4時半くらいに待ち合わせるつもりだったが大渋滞で見事に遅刻。タクシー降りて走ってる間に二階堂さんに電話。コーヒー中毒の植野さんは待切れずさやさんを連れてドトールへ行ってしまったという…。しかもその間改札前でニカさんが一人で待っていてくれた…嬉しい。けど遅れてすいません。ぜいぜい言いながら改札前で感動の再会、と思ったが走り疲れてはあはあ…んでドトールへ向かおうとしたらきょとんとしたかんじでテニス二人がそこに居た…久しぶりなのに3人と会っても、そんな感じがしなかった…結局混んでて座れなかったらしい。リハのため急いで会場へむかう。あるいてる途中にさやさんになんかフレッシュですねとか言われる。かなり走り疲れてたはずなんですけど。でも3人に会えて嬉しかったのがあったからかもしれないです。会った瞬間から一つ一つの出来事がいちいち嬉しい楽しい。なんだかやっぱり嬉しくて、そんなに疲れも感じてかった、最初は。タクシー内では去年yumbo澁谷さんが食べた豚の角煮スープカレーの話とか。5時15分ころ会場着。灰野さんに早速「遅刻者は罰金だー!」とつっこまれる。灰野さんがリハの間にカレー屋に案内。その後店まで、にかさやで使用するキーボードと、物販用CDを取りに行くため店に。にかさやの二人も一緒に来てくれる。しんしんと降る雪の中、雪が大好きなさやさんは大喜び。にかさんが傘の中に入れてくれて相合い傘に…感動です。聴いたばかりのにかさやのことなどを話す。CRJ用に1曲選ぶにあたって「あいえの歌」を選んだ話をしたら、とてもよろこんでくれた。会場に戻ってすぐににかさやのリハ。灰野さんがまだセッティング中で、同時ににかさやの準備をしていたら思い掛けない光景を目撃。植野さんに言われ気付いた。光り輝くミラーボールのしたに灰野さん。その灰野さんを真ん中にして両脇ににかさや…(写真)。あまりリハの時間が取れず、幾郎さんと植野さんのデュオはオープン時間過ぎてもリハを続けることになり、そのまま音が途切れる事無く流れるように本番へ突入。そのためか、スタート時間からは15分くらいで終わってしまった。植野さんのワイングラスの水が全てなくなってしまっていたので、延長をお願いして水を汲んでくる。 音は、二人きりの演奏なので完全に対話になっていた。隙間が多く生まれる分、緊張感もあり、かなり聴きごたえ十分。個人的にはもっと聴いていたかった。3日間のなかでもっとも緊張感がある演奏だった。ワイングラスとスネアドラムに限らずに、お互い様々な音を用いて1時間くらいあれば良かったのだけど、時間の都合上そうもいかず残念だったが、いつかまた次回この組み合わせを見てみたい。 にかさやはほぼ全曲CDに収録された曲で、そのなかでも割としっとりした曲が中心。やはりクラブの照明の暗さとかも気持ちに反映してのことなのかなと思う。もう少しだけでも明るくて、デカい声も出しやすいライブハウスだともっとテンションの高い曲もやっていたのかなと。しかし全く悪いわけがなくて、ふたりの叙情的な声の良さがしっかり伝わってくる。ハーモニーを作るときと、自由にやろうとするときの二人の息がぴったりで、聴いていてなんとも心地よい。二人の曲に立体感を加えていく植野さんが出す音も効果的だった。演奏の最後の方で徐々に盛り上がりつつあったので、もう少しその後の展開を見てみたかった。灰野さんも気に入ってくれていたみたいで、それはとても嬉しかったです。演奏終了後、まだ食べたりない様子の3人とともに、この日ここまで何ひとつ口にしていなくて空腹で倒れそうな状態だった自分とで、近くの喫茶店で食事。ライブの感想などについて話す。その後会場に戻ってすぐ、二階堂さんが疲れきっていたのでホテルへ案内。札幌駅近くのホテルまでタクシー往復。深夜2時半ころ灰野さん終了。ものすごい濃い選曲だった。安藤ウメ子さんにノイズを絡めるところで激しい疲労に襲われた。。会場の片づけで重いものを持ち何度も階段往復。ほんとうに倒れそうだった。。帰りに再びこの日5回目のタクシーに乗る。トランクに荷物を詰め込んでいるときに大事な封筒を、たぶんここで落としたのだろう。。今もその封筒はあのタクシーの中にあるのだろうか… 家に着いて、何も考えずテレビをつけ、一瞬「あぶない刑事」を目にしてほぼ即死。


20日に続く。。